やっぱりamazon?店頭受取も選択肢ならオムニ7のほうがいい?

最近思うんだけどさ…

何が?

Amazonの荷物受取でずっと家いるのめんどい!

ほ ん と そ れ な!!


ネット通販にどっぷりはまった生活してた経験と、元々働いていた時に感じた優位性を基に比較してみます。


オムニ7とAmzonで比較

ネット通販などでamazonや楽天など使う人は大勢いますが、今回はオムニ7(セブンネットショッピング)についてamazonとの比較をしてみます。

オムニ7 amazon
送料
  • 店舗受取で無料
  • 自宅配送は324円(税込)
  • 商品価格に上乗せ
  • コンビニ受取でも価格は同じ
  • 受取時間 24時間 8~21時
    限定 7ネット限定品あり なし
    セール 少ない(nanaco還元)
  • プライムセール
  • タイムセール
  • 得意分野 本・DVD・ゲーム すべてのジャンル

    どちらかにするのではなく、上手く使い分けができるかがカギです。


    オムニ7が優れている点

    まず、オムニ7のメリットなどについて見てみます。

    オムニ7のメリット

    1. 24時間受取が可能
    2. 限定モデルが多い
    3. ポイントで買物や料金支払いが可能

    オムニ7に関しては店頭受取がメインと考えてもらったほうがいいと思います。

    「でもAmazonでもコンビニ受取できるじゃん」という話なんですが、Amazonのコンビニ受取よりもよっぽどメリットはあります。


    24時間受取が可能

    ある意味これが一番メリットかなと。

    もちろんアマゾンでもコンビニ受取出来なくはないんですが、

    • セブンイレブンが選択肢にない
    • 店舗数最多で、食べ物が美味しいからよく行くけどamazon対応してない

    • 受取サイズ制限でよく引っかかる
    • アマゾンのコンビニ受取は、荷物の大きさが縦・横・高さの3辺合計が80cmまでしか対応していない。

    • 店頭受取でもポイントがたまる
    • nanacoのポイントはオムニ7で注文したものでもポイントは貯まります。7-11をよく使う人ならセブンカード・プラスを作ってしまえば更に貯まりやすくなります。

    特に受取サイズ制限はamazonの過剰包装(?)のおかげでサイズオーバーでコンビニ受取不可になることがよくあります

    オムニ7であればサイズ制限は160サイズ(宅急便の最大サイズ)のものまで受け取ることができるのでメリットとしては大きいかなと思います。

    実際に働いていた時に多かった大型注文の例でいえば、

    • 乳幼児やご年配のご家族向け:オムツ
    • ゲーム好きな方:ゲーム機本体
    • ペットがいるご家庭:ペットシート

    ここら辺が多かったイメージですね。

    自分で持ち帰りできる重さなのに、配達にして2時間間隔(午前中指定なら4時間)ずっと待ってるとします。

    休みの日とかだと正直もったいないですね。

    実体験だと、トイレ入ってる時に配達来て急いで開けたら不在票入ってたとか。

    『はーい』って大きな声で言うたやんけ…

    というありえない話は置いといて、仕事帰りなどで気軽に受取できるのは大きなメリットですね!


    限定モデルが多い

    アマゾンともう一つ違うのは限定モデルの種類が多いところですね。

    例:11/16発売

    Nintendo Switch ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ モンスターボール Plusセット【セブンネット限定特典付】

    そしてあえて言いましょう。

    700円(税込)買うごとにくじが引ける7-11フェアで、『7ネットショッピング』の商品に関してはくじ引きの対象となるのです。

    オムニ7というグループ総合通販サイトの中にある『7ネットショッピング』が対象になります。

    ※Loftやアカチャンホンポなどの商品では対象になりませんのでご注意を。ちなみに確定ではなく今後変わる可能性はありますが、5月中旬頃と10月下旬頃にはほぼ毎年7-11フェアが開催されています。後半のほうはクリスマスプレゼントなどタイミングが合えばかなりお得です。

    かしこく買い物しましょう♬


    Amazonが優れている点

    散々7-11の回し者みたいな話をしてきましたが、利用頻度は最近ではAmazonのほうが多かったりもします。

    オムニ7のメリット

    1. 品揃えの量・幅が圧倒的
    2. 自宅配送で買いに行く手間なし
    3. 重たいものは正直持ちたくない

    正直、Amazonの品揃えの幅を踏まえるとオムニ7では到底かないません。


    やっぱり品揃えがいい

    いったいどれぐらい品揃えの差があるのか、面白いデータを見つけました。

    Amazon オムニ7
    品目数 約2億 約600万(目標値)

    ≪参照≫

    https://toyokeizai.net/articles/-/107279?page=2
    http://www.7andi.com/dbps_data/_template_/_user_/_SITE_/localhost/_res/ir/library/ar/pdf/2016_all.pdf

    規模がまったくもって違いますね。ヤマト宅急便が扱う年間荷物14.5億個の15%がAmazonの荷物であるということになります。

    配達している方々のおかげで、重たいものでも自宅で受け取れるというのはそれは素晴らしいサービスでしょう。送料についてはAmazon公式ページで確認ができます。

    https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=jp_surl_help_ship?nodeId=201911210

    2000円以上の注文で無料という事は、各商品に僅かながら実質的な送料が加算されているので必ずしもAmazonが最安値というわけではないですが、それでもやはり品揃えが豊富というのはそれだけで大きな価値ですね。


    まとめ

    冒頭でも言いましたが、使い分けが一番いいかと思います。

    新書・新刊・新発売コンテンツ⇒オムニ7(7ネット)

    その他すべて⇒Amazon

    かしこい買い物をしましょう。